にんにくの効用

にんにくの効用

にんにくは大変古い歴史をもっています。古代エジプト時代から、人々はにんにくを食べてきました。

有効成分を調べる術もなかった時代ですが、疲労回復効果は確かにあったようで、強壮効果を目的に食べられてきた食材なのです。

あの特有の刺激臭はアリシンと呼ばれる成分です。このアリシンは、強い殺菌力があり、身体に侵入したウィルスを殺すほどの力を持っています。

ですから、にんにくを食べると風邪をひきにくいというのはこのアリシンの効果によるものです。怖いインフルエンザの予防にもなりますね。

また、疲労回復の秘密もこのアリシンがカギを握っています。ビタミンB1を吸収することで糖質の代謝を活発にし、エネルギーを作ります。 このエネルギーが疲れを回復させる力になるのです。

また、にんにくを加熱すると、アホエンという物質ができますが、このアホエンには血液をさらさらにする働きがあります。

そしてもうひとつ、にんにくの効果として忘れていけないのが、免疫力アップ効果です。私たちは免疫力なしでは生きていけません。 病気にかかりにくく、健康で長生きするためにも、このにんにくの力にぜひともすがりたいところです。

ところで、にんにくと一口に言っても実はにんにくにも色んな種類があります。

今はスーパーに行くと国産のものから輸入品までいろいろありますが、ズバリ、効果の違いはあるのでしょうか。

皆さんは、外国産と国産のにんにくを比べたことがありますか?国産のにんにくは高いからと敬遠しがちですが、食べてみると違いははっきりとわかります

まず、臭いから違います。国産のにんにくは、鼻につーんとくる刺激臭が強烈です。 胃の底のほうにまで響くほどの刺激臭です。次に、すりおろしてみるとこれまた違いがはっきり出ます。

国産のにんにくは、適度に水分を含んで卸し器にねっとりとつきます。

味も、辛味とまろやかさと旨味がぎゅぎゅっと凝縮されていて、外国産のものとは明らかに一線をひいています。 効果の違いはというと、これはもう言うまでもありませんね。

にんにくの効用が、アリシンの働きによるものが大きいということは先ほどお話しましたが、 臭いの元がアリシンであるということから考えてもやはり国産のほうが効果は期待できるのではないでしょうか。

 

嘉定種は原種に近いにんにくです

国産のにんにくでは、北日本と西日本にそれぞれ有名どころがあります。西日本は、「嘉定種」と呼ばれる、にんにくの原種に近いものが有名です。

やや小ぶりながらも辛味の強いのが特徴で、この「嘉定種」を使ったにんにく卵黄は、本物志向の人に好まれます。

にんにくの中でもよりにんにくらしい男気のある刺激には、それだけよい成分がぎゅうっと濃縮されているといえます。 辛くてもやっぱり原種にこだわりたい、効き目を試してみたいという方は、是非飲んでみて下さい。こちらの商品がおすすめです。

飲みやすいカプセルに入ったタイプや、料理に使いやすい粉末タイプなどお好みで3タイプから選べます。

→→ 伝承にんにく卵黄の詳細ページはこちら

 

福地ホワイト六片は最高級ブランドのにんにくです

北日本で有名なにんにくの産地といえば青森県です。

実は、青森県では国産にんにくの約8割を占めるほどたくさん栽培されているのです。

その原種は「福地ホワイト六片」と呼ばれ、その昔青森県の福地村で偶然できたのが始まりとされています。

粒が大きくて、身が白く、ぷりっとしていています。外国産と比べるとアリシンという成分がたくさん含まれていますから、 「福地ホワイト六片」は青森県の人々が寒い冬を乗り越えるのに欠かせない食材です。

成分もさることながら、ひと玉を割ってみるとわかるように、きれいに六片に分かれます。

料理の使い勝手もよく風味もバツグンで、「にんにくの最高ブランド」と呼ばれています。

この、「福地ホワイト六片」を、にんにく卵黄にまるごと使った商品があるとしたら、あなたは試してみたいとは思わないでしょうか。

栽培する土にも徹底的にこだわり、厳選した堆肥や肥料を使って育てられた最高級ブランドといわれる「福地ホワイト六片」 その効力をまるごと最大限に引き出した商品といえばやはりこれしかないでしょう。

さらに熟成をかさねた黒にんにくは、栄養価もアップしています。最高級ブランドを使ったにんにく卵黄の未知のパワーをぜひ体感してほしいと思います。

→→ やずや 雪待ちにんにく卵黄の詳細ページはこちら



→→ 次の記事:「卵黄の効用」へ

にんにく卵黄の働き

このページの先頭へ

オール電化ってお得