にんにく卵黄は薬ではないので副作用はありません

にんにく卵黄の副作用

にんにく卵黄を飲み始めの頃は、どうしても過度に効果を求めがちです。

ですから、少しでもいつもと違うような感じがあると、副反応ではないかと思ってしまうのはやむを得ないことです。 例えば、お腹が少し張るような感じがするとか、夜寝付けないような感じがあるとか、気にしだすときりがありません。

基本的に、にんにく卵黄は薬ではありませんので、副反応の心配はあまりしなくとも大丈夫です。

タマゴアレルギーの人はにんにく卵黄を摂取しない方が良いでしょう

ですから、例えば妊婦さんでも安心して飲んでいただけます。 でも、食べ物に対して何らかのアレルギーを持っている人は気をつけなければなりません。 特に、卵のアレルギーを持っている人は、にんにく卵黄は止めておいたほうが無難です。

あとは、ゼラチンを含んでいるにんにく卵黄もありますから、ゼラチンのアレルギーを持っている人はよく確かめてから摂取するとよいでしょう。 また、胃腸の弱い人は、生のにんにくを食べると胸焼けがしたり、胃が痛くなることがあります。

にんにく卵黄を作るときににんにくは加熱されていますから、生のにんにくのように胃に負担はかかりませんので、 今まで躊躇していた方も、是非一度にんにく卵黄をお試しいただければと思います。

どうしても心配な方は、一粒ずつ時間をおきながら摂取してみるとよいでしょう

にんにく卵黄の基礎知識

このページの先頭へ

オール電化ってお得